英文添削実例:英文添削サービス

英文添削実例:英文添削サービス


英文添削実例:英文添削サービス

英文添削の実例をお見せします。無料で英文添削のお試しもできるので、お気軽にご覧ください。


英文添削実例(1)
○○さん、こんにちは。
よろしくお願いいたします。

【原文】

Hello Christy,

I also do not know this policy until now and had believed the opposite thing.

I may have overlooked it in a paper.

Thanks for your opinion.

Akiko(Ken's mom)

【添削例】

Hello, Christy.
I also did not know the policy until now.
I may have overlooked it in a paper.
Thank you for letting us know.
Akiko (Ken's mom)

【添削ポイント&コメント】

●今まで知らなかった=今は知っている=知らなかったのは過去のこと、
ですから I do not know ではなく、I did not knowであるべきです。
(参考に送っていただいたLisaさんも同じ表現を使っていますね。
アメリカ人に限りませんが、ネイティブでもいい易さや韻の関係で
文法に忠実でない表現を使うことがあります。
私もかつて"He doesn’t ~.”を"He don’t ~.”と言うアメリカ人と一緒に仕事をしたことがあります。)

●原文で使われているhad believed (過去完了形)はよく引き出されましたね。
信じていたのは過去のことで現在はそう思っていないというニュアンスがよく出ていると思います。
また、単純に過去に起こった事実を述べる意味で、
この場合は単純過去 I believed でも間違いではありません。

believe 以下の文法的つなぎ方ですが、
I had believed (that) it(=この場合はthe policy) was opposite.<V + O + that節>
同じ意味でto不定詞を使って
I had believed it to be opposite. <V + O + C(to不定詞)>
さらには
I had believed it opposite. <V + O + C(形容詞)>
と、なります。

さらに、もう少し英語的な表現についていうと、「今まで知らなかった。」
という事実を述べるだけでも十分で、あえて“opposite=逆だと思っていた”といいたいならば、
I was under the impression that parents’ assistance was required.
「私は保護者の補助が必要とされているというふうに思っていた」
などのように、思っていたことを具体的に言ってもいいでしょう。

●I may have overlooked~ これも、時制をよく意味を踏まえて使われています。
「ポリシーに書かれてあるのに知らなかった」という意味での場合は
「見落としたかもしれない」というよりも、
「見落としている」I have overlookedのほうが実際的かもしれません。

●Thanks for your opinion. これは文法的には間違いではありませんが、この場合、
Christyさんの呼びかけによりpolicyの正しい解釈を皆に知らしめたわけで、
彼女の意見のみを述べているのではないですね。
なので、「意見をありがとう」というよりも
「教えてくれてありがとう。Thank you for letting us know.」のほうが適当だと思います。

【総合コメント】

自らすすんでコミュニケーションをとろうとされる姿勢はすばらしいです。(拍手!)
今回のメール文も修正は加えましたが、あなたのおっしゃったことは
ちゃんと届いていますよということは伝わっていると思います。
小さな間違いを恐れず、どんどんネイティブの輪の中に入っていってください。
下のお子さんがいらっしゃるということで、ボランティアで学校のお手伝いをするのは
まだ難しいかもしれませんが、無理のない範囲で積極的に参加していってください。

余談になりますが、Lisaさんのメールを拝見すると、この方の第一言語は
英語ではないように思えます。(もし、ネイティブだったら大変失礼ですが・・・)
この方も保護者のコミュニティに積極的に参加し、
自分の思うところを発言している姿勢は見習ってもいいと思いますが、
英文自体は修正を加えたほうがいい部分がかなりありますので、
今後は彼女の使った表現にあまり左右されないで英作文されることをお勧めします。

今回のご質問で、自分の子供たちが学校に通い始めたころを思い出しました。(^^)
子供の成長は早いものですね。
お子さんの成長とともに河東さんの英語力もドンドン伸びていくことを願っています。

今回は以上です。
説明のわかりにくい部分などありましたら
遠慮なく指摘してください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional